当ブログで使用しているテーマ「SWELL」はこちら

【必見】たった3つのコツで賃貸物件の初期費用を10万円も削減?!

これから物件探しや内見をしようとしている方へ!
3つのコツを押さえるだけで物件の初期費用が10万円も抑えられるなんて…

オノD

こんにちは、オノD(terreblog)です!

PUGちゃん

賃貸契約の初期費用ってなんでこんなに高いの…?

賃貸の初期費用をぼったくられないようにしたいと思っている方必見です。

この記事では賃貸の初期費用を限りなく抑えることができる誰でもできる3つのコツを紹介していきます。

オノD

実際に僕はこのコツを使って賃貸の初期費用を11万円も抑えることができました!

3つのコツとは大まかに

  • 不必要な費用項目を知る
  • 必ず成功する初期費用の交渉方法を知る
  • 内見や契約時にキャッシュバックがもらえる方法を知る

です。

この記事を読めば、あなたも賃貸の初期費用を10万円以上抑えることが可能になります。

それでは早速一つずつ見ていきましょう!

目次

不必要な費用項目を知って初期費用を削減しよう

賃貸の初期費用にはどのような項目があるか知っていますか?

PUGちゃん

家賃や敷金礼金でしょ?

賃貸の初期費用では以下に示すような様々な項目があります。

初期費用費用の相場
家賃地域や物件による
敷金1〜2ヶ月
礼金1〜2ヶ月
前家賃1〜2ヶ月
日割り賃料
仲介手数料0.5〜1ヶ月
火災保険料1万〜2万
鍵交換費用1万〜2万
保険委託料0.5〜1ヶ月
書類作成料0.5万
安心入居サポート1万〜2万
害虫駆除・消毒費1万〜2万

この中には、 賃貸業者が入居者からお金をぼったくるための不要な項目もあります。 例えば、

  • 書類作成料
  • 安心入居サポート
  • 害虫駆除・消毒料

です。

害虫駆除・消毒料なんて実態としては簡単な掃除程度しか行っていないにもかかわらずこの値段…

何も知らないと仲介業者に言われるがままこれらの項目の料金を支払ってしまうことになります。

当然これらの項目はこちらがいらないと言えば外してもらえます。

賃貸の初期費用の内容について把握し、不必要な項目は積極的に削減していきましょう。

初期費用の項目について徹底解説した記事がこちらになりますので、知識武装して物件探しに臨みましょう。

必ずうまくいく初期費用の値下げ交渉を押さえよう

敷金や礼金といった必ずかかる初期費用も交渉次第で値下げをすることができます。

オノD

僕も実際に交渉をすることで11万円の値下げをすることができました!

値下げ交渉にはうまく交渉するコツ交渉のテンプレがあり、それらを駆使することで確実に値下げを成功させられます。

値下げ交渉しやすい初期費用の項目を押さえる

初期費用の中でも値下げ交渉しやすい項目とそうでない項目があります。

まずは、値下げ交渉が成功しやすい初期費用についておさえておきましょう。

値下げ交渉が成功しやすい初期費用は以下の3つです。

礼金

大家へのお礼のお金です。

この費用で何か作業が行われるわけではないため、交渉しやすい項目です。

仲介手数料

入居者からとっていい仲介手数料は家賃 0.5カ月+税と決まっています。

これ以上取られている場合は交渉で確実に値下げできます。

火災保険

火災保険は外部での契約がおすすめです。

仲介業者に任せた火災保険はかなり割高の傾向があります。

初期費用の内容と値下げ交渉難易度については以下の記事で詳細に解説していますので、併せてご覧ください。

交渉時のテンプレを押さえる

「○○の項目を値下げしてください!」といっても基本的に応じてくれません。

家主 にとってメリットがないからです。

値下げ交渉する場合は、必ず条件を提示して交渉しましょう。

例えば、 礼金の交渉をする場合には以下のような聞き方があります。

このように、 ○○する代わりに値下げしてもらえないか? というスタンスで交渉することが大切です。

お金をもらって物件探しをしよう

これから物件探しや内見の申し込みをしようと考えている方へ。

申し込み方法をちょっと見直すだけでお金がもらえる方法があることをご存じですか?

DOOR賃貸キャッシュバック賃貸から物件の申し込みをすれば、成約時に最大で10万円のお祝い金をもらうことができます!

しかもスーモやスマイティといった大手のサイトに劣らない物件掲載数でとても使い勝手のいいサイトです。

面倒な手続き等もないので使わない手はありません。

このサイトやこの仲介業者しか取り扱ってない物件を見に行きたい!といった要望がない限りはDOOR賃貸キャッシュバック賃貸を通して内見や物件の申し込みを行うといいと思います。

オノD

実際に僕もキャッシュバック賃貸を通して物件を契約して5000円のキャッシュバックをもらうことができました!

交渉はメールで行う

値下げ交渉は基本的にメールで行いましょう。

言った言っていないのトラブルを避けることができます。

また、 値下げ交渉はこちらとしても決して気持ちのいいものではなく対面ではなかなか切り出しづらいです。

メールであればストレスなく適切に交渉内容を伝えることができます。

先に紹介したDOOR賃貸キャッシュバック賃貸から物件の申し込みをすれば、基本的にメールで見積もりをもらうことになると思いますので、その流れでメールでの交渉をしてみましょう。

こちらの記事にメール交渉のテンプレやコツについて詳しくまとめていますので、是非チェックしてみてください。

まとめ|3つのコツをうまく活用して賃貸の初期費用を抑えよう!

本記事では、賃貸の初期費用を数万円も抑えるための3つのコツについて紹介しました。

  1. DOOR賃貸やキキャッシュバック賃貸から物件を申し込む
  2. 不要な初期費用を削る
  3. メールで初期費用の値下げ交渉をする

の3ステップで初期費用を圧倒的に抑えることができます。

コツを押さえて賢く物件探しをしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次