当ブログで使用しているテーマ「SWELL」はこちら

【テンプレ公開】賃貸の初期費用を13万円値下げしたメール交渉術【体験談】

オノD

こんにちは、オノD(terreblog)です!

この記事では

  • 賃貸の初期費用の交渉をメールでしたいけどどうしたらいいの?
  • 具体的なメールの内容を知りたい!

といった悩みに答えていきます。

賃貸の初期費用は交渉次第でかなり抑えることができます。

しかしその交渉方法を押さえておかないと、値下げできる費用もうまくいきません。

実際に、僕たちカップルはこの記事に書いてある交渉方法を使って、当初の見積もりから133,850円も安くしてもらうことができました!

この記事をを読めば、次のことができるようになります。

この記事を読むとできること
  • メールでの交渉方法のポイントがわかる
  • メールでの交渉テンプレをゲットできる
  • 初期費用を確実に安くできるようになる

それでは詳しくみていきましょう!

目次

賃貸の初期費用は必ず安くできる

まず、賃貸の初期費用は必ず安くできることを押さえておいてください。

そして、賃貸の初期費用を安くするためには、初期費用に関する正しい知識を身につける必要があります。

賃貸の初期費用でかかる項目については、下記の記事で徹底的にまとめましたので、ぜひ読んでみてください。

「どんな初期費用がかかるのかはわかってるから、交渉方法について知りたい!」という方は続きをどうぞ!

メールで初期費用を交渉したほうがいい理由

賃貸の初期費用の交渉は必ずメールで行うようにしましょう。

メールで初期費用を交渉したほうがいい理由は大きく以下の2つです。

  • 仲介業者とのやりとりを記録として残すことができる
  • メンタル的な負担が減る

仲介業者とのやりとりを記録として残すことができる

仲介業者とのやりとりは必ず記録として残る形でやりとりをしましょう。

やりとりの方法には電話や、直接店舗に赴いて話をするといった方法もありますが、

これらの方法ではやりとりは記録に残りません。

記録に残らないということは、言った言わないのトラブルに発展してしまう危険性も含んでいます。

また、記録としてやりとりを残しておくことで、仲介業者に下手なことを言わせないといったメリットもあります。

悪徳な仲介業者は嘘を言ったり、契約者に対して不利になるような条件を提示してきたりすることもあります。

記録に残るような形でやりとりをすれば、このような被害に遭う危険性も少なくなるでしょう。

メンタル的な負担が減る

値下げ交渉をするわけですから、あまりいい気持ちではできませんよね笑

直接のやりとりで交渉するとなると気持ち的に負担が多くなると思います。

やりとりの形式によって、条件が変わってくることは一切ないため、特に事情がなければメールでのやりとりを選択することがベターです。

りーちゃん

メールだったら気が楽〜〜

初期費用の交渉方法を具体的に解説

早速賃貸の初期費用をメールで交渉する方法について解説していきます。

複数の仲介業者にメールで相見積もりを取ろう

まず、複数の仲介業者にメールで相見積もりを取りましょう。

これはかなり大事な作業です。

複数の仲介業者に相見積もりするメリットは

仲介業者がぼったくりをしていないか見極められる

です。

仲介業者が受け取る費用は基本的に仲介手数料のみですが、

悪徳な仲介業者だと、敷金や礼金といった費用にマージンを上乗せしていることもあります。

それを見極めるためにも必ず複数の仲介業者に相見積もりを取るようにしましょう。

相見積もりを取る際は、必ずDOOR賃貸キャッシュバック賃貸を経由するようにしましょう!

どちらのサイトも、サイトを通じて契約が完了するだけで5,000〜100,000円ほどお祝い金がもらえるため、かなりお得です。

僕も賃貸を契約するときはキャッシュバック賃貸にお世話になりました!

PUGちゃん

物件数も多くて使いやすく
仲介業者から勧誘のような電話がかかってくることもない
ため、安心して利用できました!

キャッシュバック賃貸とDOOR賃貸の違いや、確実にお祝い金をもらうコツを以下の記事でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください!

実際に相見積もりをした際の見積もりの例です。

項目見積り額
家賃77,000円
共益費4,000円
礼金77,000円(家賃1ヶ月分)
ルームクリーニング費用16,500円
カードキー作成費13,200円
電池費用500円
保証料48,600円(家賃+共益費の60%)
仲介手数料42,350円(家賃の0.5ヵ月+税)
(84,700円(家賃の1ヵ月+税)の仲介業者もありました)
安心サポート16,500円
消毒費用16,500円
火災保険20,000円

不要なオプションの除外を依頼しよう(メールテンプレ紹介)

こちらの記事にも載せていますが、

見積もりの初期費用の中にはほとんど必要ないオプションが自動的に組み込まれています。

今回は「安心サポート」「消毒料」「ルームクリーニング」「火災保険」がいらないと判断したため、メールで不要との連絡を入れました。

実際に送ったメールはこちら。

オノD

素直に要りませんと断ろう!

安心サポート、消毒料、火災保険についてはどの仲介業者も削除してもらうことができました。

ただ、ルームクリーニング料は必須項目であるため、削除できませんでした。

ルームクリーニング料=退去時に部屋をクリーニングするための費用のこと。

返ってこないプチ敷金みたいなものと思ってください。

りーちゃん

火災保険っていらないの?

火災保険はいりますが、不動産が紹介する火災保険は高額なため自分で探して契約するようにしましょう。

火災保険一括見積もり依頼サイトで比較すると安い火災保険を探すことができますよ!

仲介手数料の値下げ交渉をしよう(メールテンプレ紹介)

不必要なオプションを削除してもらったら、いよいよ値下げ交渉に移りましょう。

仲介業者が入居者から取っていい仲介手数料は0.5ヶ月+税と決まっています。

それ以上取る場合は、入居者の同意がないと取れないことになっています。

仲介手数料が0.5ヶ月+税を超えている場合は積極的にメールしていきましょう。

以下のようなメールで、ほぼ確実に値下げしてくれます。

オノD

仲介手数料も規定の金額に戻してもらうだけなので、強気に!
他の仲介業者では0.5ヶ月+税だったけど〜って言うと100%合わせてくれる!

礼金の値下げ交渉をしよう(メールテンプレ紹介)

ここまでは、交渉というより、入居者としてのしかるべき権利を主張しただけです。

ここからが本当の値下げ交渉と言えます。

僕たちが検討していた賃貸は敷金なし礼金1ヶ月という条件だったため、礼金を交渉することとしました。

実際に送ったメールがこちら。

値下げメールのポイントは

  • 値下げしてもらえれば入居する姿勢を見せる
  • 値下げしてもらうための条件を出す

です。

仲介業者からすれば、大家に礼金の値下げ交渉をするのは手間であるはずです。

ですので、値下げしてもらえたら入居するという姿勢を見せることが大切です。

また、値下げしてもらうためにこちらが譲歩できる条件を提示すると値下げ交渉の成功度が上がります。

仲介業者や大家が値下げしても良いと思えるメリットを提供しましょう。

果たしてメールでの交渉の結果は…

オノD

礼金が38,500円値引き(半額)になりました!!!

メール交渉のみで賃貸の初期費用110,000円の値下げに!

これらのやり取りで総額110,000円抑えることができました。

内訳は以下の通りです。

除外/値下げできた項目除外/値下げできた金額
仲介手数料84,700円⇨42,350円
礼金77,000円⇨38,500円
消毒料16,500円⇨0円
安心サポート16,500円⇨0円
火災保険20,000円⇨0円
合計−133,850円
りーちゃん

何も知らないままだとかかる必要のない130,000円を支払ってしまうことになるところでした…

まとめ:知識武装をしてメールで初期費用の交渉をしよう

今回の記事では、メールでの初期費用の値下げ方法とテンプレについて紹介しました。

この記事を活用して、積極的に値下げ交渉しましょう!

値下げ交渉しなくても、契約が完了するだけでお祝い金がもらえる、キャッシュバック賃貸の利用も忘れずに!

同棲を始めようとしているカップルはこちらもチェックしてみてください!

この記事のまとめ
  • 賃貸の初期費用は安くすることができる
  • 初期費用の交渉はメールでするべき
  • 交渉テンプレを使えば確実に初期費用を安くできる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次