当ブログで使用しているテーマ「SWELL」はこちら

【知らないと損】初期費用のハウスクリーニング代は値下げ交渉できる?

オノD

こんにちは、オノD(terreblog)です!

賃貸を契約しようと考えている人の中には、

  • 初期費用にあるハウスクリーニング代ってなに?
  • 大家じゃなくて自分達が払うものなの?
  • ハウスクリーニング代を安く済ましたい!

といった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

ハウスクリーニング代は賃貸の初期費用の項目に必ず入ってくる費用です。

この記事では、賃貸の初期費用を13万円も値下げすることができたオノDが、ハウスクリーニング代とはなんなのかを解説し、少しでも安くする方法を教えていきます。

この記事を読んで、安心して賢く賃貸契約をしていきましょう!

目次

ハウスクリーニング代は基本的に借主(私たち)負担

ハウスクリーニング代:賃貸を退去する時に賃貸を掃除するための費用

PUGちゃん

じゃあハウスクリーニングは貸主(大家さん)が負担するものだね!国土交通のガイドラインにもそう書いてあったし!

と考える人もいるかと思いますが、

実際はほぼ全ての賃貸物件で

「ハウスクリーニング代は借主(私たち)負担」

となっています。

実際に何件も物件を見てきましたが、全ての物件がハウスクリーニング代は借主負担でした。

PUGちゃん

国土交通のガイドラインも法律ではないため、別に貸主が負担しないといけないわけではないんだね…

ハウスクリーニング代の注意点

ハウスクリーニング代の注意点は以下の二つです。

  • きれいに使ってても退去時に返金されることはない
  • 退去時の二重請求に注意

きれいに使ってても退去時に返金されることはない

PUGちゃん

ハウスクリーニング代を抑えるために退去前に掃除しておこう

と思う人もいるかと思いますが、初期費用時に払ったハウスクリーニング代は退去時に返金されることはありません。

なぜなら部屋がきれいであろうが汚かろうが、ハウスクリーニングをする内容は決まっているからです。

PUGちゃん

じゃあ退去時に掃除しなくてもいいね

というのも違います。

ハウスクリーニングで対応できない清掃には追加で特別料金がかかる可能性があります。

自分達できれいにできる部分があれば退去時にやっておき、ハウスクリーニング代以上の費用を請求されないようにしましょう!

退去時の二重請求に注意

ハウスクリーニング代は初期費用に含まれていることが多いです。

そのため退去時に初期費用でハウスクリーニング代を払ったことを忘れがちで、退去時にさらにクリーニング代を請求されても気づかない可能性があります。

初期費用で先払いしたことを覚えておいて、退去時に二重請求されないように気を付けておきましょう。

もし退去時にもハウスクリーニング代を請求された場合には、初期費用で支払った旨を伝え、退去時の見積もりから除外してもらうようにしましょう。

ハウスクリーニング代を安くするためには?

PUGちゃん

ハウスクリーニング代って結局安くできるの?

ハウスクリーニング代は基本的に必要経費と割り切ろう

ハウスクリーニング代の値引き交渉は基本的に難しいです。

ハウスクリーニング代は必要経費として割り切り、他で交渉できる初期費用を考え直すべきです。

ハウスクリーニング代は敷金がある場合は交渉の余地あり

しかし、初期費用に敷金とハウスクリーニング代が両方とも含まれている場合には交渉の余地ありです。

敷金:賃貸の退去時の修繕費用に使われる初期費用

敷金がある場合、基本的には退去時に敷金からハウスクリーニングにかかった費用を差し引いた額が返金されます。

例:敷金8万円・退去時のハウスクリーニング費用2万円→退去時に6万円返金

つまり、敷金とハウスクリーニング代は同じ役割なのです。

そのため、ハウスクリーニング代と敷金が初期費用に同時に含まれている場合には、ハウスクリーニング代の値下げ交渉ができますよ!

具体的には次のように交渉してみてください。

「初期費用にあるハウスクリーニング代ですが、退去時のハウスクリーニングにかかった費用には敷金を充ててもらいたいです。そのため、ハウスクリーニング代を無しにしてもらってもいいでしょうか?」

ちなみに初期費用の交渉の際は、メールを利用することをオススメします。

交渉の成功率が高いですし、トラブルもなくなります。

メール交渉の方法については以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!

まとめ|ハウスクリーニング代のポイントを押さえて賢く物件探し

ハウスクリーニング代は、

  • 敷金がなければ、必要経費として割り切る
  • 敷金があれば、交渉

と考えましょう。

積極的に値下げできる費用ではありませんので、他で値下げできる費用を探しましょう!

こちらに値下げできる賃貸の初期費用をまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

また賃貸の契約をすると5000円から10万円のキャッシュがもらえるキャッシュバック賃貸もオススメです!

スーモのような大手の不動産検索サイトに比べて、物件数も使いやすさも劣ることなく、ストレスなく物件探しができる上にお祝い金がもらえるなんて使わない手はありません。

キャッシュバック賃貸について詳しく解説した記事はこちらです!

賃貸の初期費用は決して安くはないため賢く物件探しをしていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次